急行【みよし】

J.N.R / J.R. Express "Miyoshi
最後のキハ58系急行列車となった「みよし」
(写真:下深川〜玖村間/撮影:デューク)

●基本データ

登場年:昭和60年(1985年)
運転区間:広島〜三次・備後落合(新見)
使用車種:キハ58系

●列車の解説

  芸備線はもともと陰陽連絡急行等が走る重要な路線であったが、国鉄末期になるとその陰陽連絡急行の衰退著しく、本数の減少によって活気に衰えが見られるようになっていた。
 しかし、芸備線の中核駅として機能していた三次は広島から70キロ弱という距離もあって、利用客は多く、優等列車の数の維持を要望していた。それに応えて昭和60年のダイヤ改正で登場したのが「みよし」であった。「ちどり」の本数減の補完の意味合いが強かったため1往復で登場した。使用車両は58系気動車3両編成で、このままJR時代を迎える。
 その後2両編成に減車されたものの、平成2年に多客期の臨時で運転されていた1往復を定期列車に格上げして2往復となった。そのまましばらくは大きな変化はないままであったが、芸備線の急行列車の愛称統一のために「ちどり」「たいしゃく」を吸収し4往復に成長した。平成16年3月に最多本数を維持していた「くまがわ」が廃止されたため、晴れて最多運行急行列車となった。
 平成18年現在では、唯一のキハ58系使用急行列車であり、さらに唯一の2往復以上の設定のある急行列車でもある。ただし、キハ58系自体はすでに耐用年数を過ぎているため、近い将来廃車となる運命だが、キハ40系統に置き換えられて存続するのか、廃止となるのか・・・ファンとしては気になるところであり、急行列車の存続を求める声もあったが、結局平成19年のダイヤ改正で「みよしライナー」に格下げされることになった。
 これで、キハ58系を使用した最後の定期急行列車が消えることとなった。
最終日の詳細については、こちら>>

●ギャラリー


 停車中の「みよし」5号。
 急行運用に就くキハ58系はこれが最後だった。種別幕の「急行」の文字がまぶしい。優等列車の証である。
(写真:向原駅/撮影:デューク)

 パノラミックウィンドウ車も存在。
 キハ58系の後期型のパノラミックウィンドウ車も存在していた。近代的な顔立ちが特徴的だ。
 できれば引退前に国鉄色に戻して運転してもらいたいものだ
(写真:広島駅/撮影:デューク)

 安芸矢口駅に入線する「みよし」。
(写真:安芸矢口駅/撮影:裏辺金好)

 玖村駅を通過する「みよし」。
(写真:玖村駅/撮影:デューク)

 広島に到着する「みよし」。
 広島駅を発着する最後の昼行優等列車となっていた。
(写真:広島駅/撮影:デューク)

 下深川駅に到着する「みよし」。
 4往復が設定されている「みよし」だが、1往復だけは広島市内をこまめに停車するタイプとなっている。
(写真:下深川駅/撮影:デューク)

 三次駅に停車中の「みよし」。
(写真:三次駅/撮影:デューク)

 三次駅に停車中の「みよし」。
(写真:三次駅/撮影:さくら電鉄様)

 団体貸切4両を増結し、6両編成で運転された2007年5月27日の急行「みよし」。
(写真:戸坂駅/撮影:ゆでみかん様)

 同じく急行「みよし」6両編成。国鉄色ではないが、キハ58系6両での運転は実に堂々たるもの。
(写真:下深川〜玖村/撮影:リン)

 6両編成で運転された「みよし」は広島駅で切り離され、下関方4連は一度下関側の引込み線に入った。
(写真:広島駅/撮影:ゆでみかん様)

 左写真の4連が車庫に入庫する前の姿。
(写真:広島駅/撮影:ゆでみかん様)

 ラスト1ヶ月は専用のヘッドマークを掲出。
(写真:広島駅/撮影:さくら電鉄様)

 ヘッドマークのアップ。
(写真:広島駅/撮影:さくら電鉄様)

 最終日の急行「みよし」。
(写真:戸坂駅/撮影:ゆでみかん様)

 急行「みよし」最終列車。
(写真:広島駅/撮影:リン)

 発車案内LED。
(写真:広島駅/撮影:さくら電鉄様)

 「みよし」愛称サボ。
(撮影:さくら電鉄様)

 行先サボのアップ。
 「みよし」の基本的なサボ。後述の1・6号以外はこのサボを使用している。「急行」とかの文字はここには書かれていない。
 行先の文字がずいぶんと大きいような気がする。。。
(写真:広島駅/撮影:デューク)

 1・6号用のサボ。
 1号と6号は三次の先の備後落合まで足を伸ばすため、別のサボが用意されている。
 三次以遠は普通列車となるのだが、やはり急行の文字はなく、三次〜備後落合間が普通であることのみ書かれている。
(写真:広島駅/撮影:デューク)

 車内の様子。
(撮影:さくら電鉄様)

 洗面台まわり。
(撮影:さくら電鉄様)  

↑ PAGE TOP