特急【雷鳥】

J.R. Limited Express "Raicho"

正統派の485系最後の特急列車ともいえる「雷鳥」。
(写真:塚本駅/撮影:デューク)

●基本データ

登場年:1964(昭和39)年
運転区間:大阪〜金沢 (新潟への延長運転あり)
使用車種:485系、489系
元使用車種:583系、681系

●列車の解説

 1964(昭和39)年12月25日。交直流電車の特急形式として481系が登場した。この形式の最初の運転区間となったのが大阪・名古屋から北陸本線に向かう特急であり、大阪発の特急には「雷鳥」という愛称が与えられた。

 「雷鳥」は当初2往復で運転を開始したが、その後は順次増発され、1973(昭和48)年に1往復が区間延長の上「北越」に変更となったが、1975(昭和50)年にはL特急となった。また、昭和53年に今度は逆に大阪発着の「北越」が「雷鳥」に吸収され、「雷鳥」は新潟まで顔を出すようになった。

 車両面では1968(昭和43)年から485系が運用に入るようになったが、大きな変化は1978(昭和53)年から運用に入った581・583系だ。新幹線の博多開業で手隙気味なっていた581・583系の活用ではあったが、北陸特急の拡充の一端を担った。これは、車内設備に難点もあり、1985(昭和60)年に「雷鳥」の定期運用から撤退した。

 1986(昭和61)年の国鉄最後のダイヤ改正で、それまでで最大の18往復に成長し、当時の在来線最速列車にも輝き、まさに在来線の主役となった。そしてJR化後は一部の列車が「スーパー雷鳥」となるも、大阪〜金沢・富山間の主力特急であったが、681系の登場後は脇役に回った感が強くなった。

 車両面では相変わらず485系が用いられていたが、JR東日本の担当列車に関してはグレードアップされた車両が投入され、車体塗装も一新され、新風を吹き込んだ。

 2001(平成13)年3月3日のダイヤ改正で、485系「スーパー雷鳥」が廃止されると共に「雷鳥」の運転区間は大阪〜金沢間に統一され、JR東日本の車両は担当から外れた。すでに大阪対北陸の主力は681・683系の「サンダーバード」に移っており、「雷鳥」は完全に脇役に回ることになった。

 その後、2006(平成18)年度内に「サンダーバード」に全面移行することになっていたが立ち消えに。しかし、しばらくして段階的に置き換えが進められ、2010(平成22)年3月13日改正で、ついに1往復を残して「サンダーバード」に統合。そして、2011(平成23)年3月12日改正でその歴史に幕を閉じることになった。
 なお、「雷鳥」の壁紙コーナー「特急「雷鳥」の軌跡」で大きいサイズの画像を配布中。
 また、「雷鳥」の撮影場所については「「雷鳥」撮影地ガイド」で紹介中。

●ギャラリー


1970年代の485特急「雷鳥」。
(写真:東海道本線 京都駅/撮影:札幌人様 禁転載)

1970年代の485特急「雷鳥」。
(写真:東海道本線 京都駅/撮影:札幌人様 禁転載)

ボンネット「雷鳥」も過去帳入りしましたが、当時は石を投げれば当たる状態! 1979年9月撮影。
(写真:東海道本線 塚本駅/撮影:ひょん君)

583系も「雷鳥」運用に就くことがあった。1979年9月撮影。
(写真:東海道本線 大阪駅/撮影:ひょん君)

こちらも583系も「雷鳥」(*送り込み回送)。1979年9月撮影。
(写真:東海道本線 塚本駅/撮影:ひょん君)

489系による「雷鳥」運用もあった。1983年3月撮影。
(写真:北陸本線 津幡〜倶利伽羅/撮影:ひょん君)

 ボンネットタイプ。平成15年まではボンネットタイプの車両も運用に入っており、ファンの注目の的であった。
(写真:東海道本線 新大阪駅/撮影:裏辺金好)

大津京駅を高速で通過する特急「雷鳥」。
(写真:湖西線 大津京駅/撮影:デューク)

 パノラマグリーン車の先頭車。この車両は「スーパー雷鳥」に投入されて以来活躍を続けたが、
その後「しらさぎ」に活躍の場を移し、「しらさぎ」の683系化とともに、国鉄色に塗り直され「雷鳥」として活躍している。
(写真:北陸本線 寺井駅/撮影:デューク)

改築が進む大阪駅にて出発を待つ485系特急「雷鳥」。
(写真:東海道本線 大阪駅/撮影:裏辺金好)

 非貫通タイプの車両を先頭にして北陸へ向かう「雷鳥」。
 平成18年現在、最もポピュラーな「雷鳥」の先頭車形状である。
(写真:山崎〜島本/撮影:デューク)

 貫通型の200番台が先頭。
 わずか1両となった貫通タイプの先頭車を先頭に湖西線へ入っていく。
 湖西線では搭載しているパンタグラフを基本的にすべて上げた状態で走行するため、国鉄時代の姿を再現してくれる貴重な区間である。
(写真:山科駅/撮影:デューク)

 緊急リリーフとして登場した489系のボンネット車。
 イラスト入りのヘッドマークを掲載したため、多くのファンが撮影に詰め掛けた。
(写真:京都駅/撮影:リン様)

 489系貫通タイプ。
 編成の中には489系の車両も組み込まれており、貫通扉は埋め込まれたものの、原型を比較的とどめた489系も先頭に立っている。
(写真:大阪駅/撮影:デューク)

 583系の「雷鳥」。
 昭和53年からしばらくの間、583系も「雷鳥」として活躍した。583系で最後まで食堂車を営業していたのはこの「雷鳥」だった。
(写真:京都駅/撮影:もこてん 禁転載)

 「ふるさと雷鳥」。
 最繁忙期などを中心に、大阪から新潟までのロングラン運用をこなす。国鉄色の489系が使用されるが、沿線の混乱を避けるためなのか、ヘッドマークは「臨時」となっている。
(写真:塚本駅/撮影:デューク)

 485系で運転されていた頃の「ふるさと雷鳥」。
 金沢運転所に最後まで残っていた485系の編成で、平成15年以降唯一のオリジナル(国鉄色)のサロ481を連結する編成として注目されており、「ふるさと雷鳥」として運転されていた。
(写真:大阪駅/撮影:デューク)

 JR東日本の上沼垂電車区の485系による「雷鳥」。
 新潟行きの列車を中心に運転されていた。末期には3000番台での運転も実現していたが、新潟行きの廃止とともに過去のものとなった。
(写真:大阪駅/撮影:裏辺金好)

 上沼垂色のボンネット車両。
(写真:大阪駅/撮影:関西ライナー様 禁転載)

 金沢駅に入線する「雷鳥」。
 金沢発の「雷鳥」は早朝と夕方以降に集中している。
(写真:金沢駅/撮影:デューク)

 485系ボンネット型車両のさよなら運転をかねた、大阪〜富山に運転された「懐かしの雷鳥」。
 大阪駅は大混乱となった。
(写真:富山駅/撮影:裏辺金好)

 新潟駅を出発する「雷鳥」。
 JR化後しばらくの間は上沼垂色の車両の独壇場だったが、「ふるさと雷鳥」が運転されるようになって国鉄色が復活しているが、平成17年冬以降は「臨時」マークとなり、味気なくなっている。
(写真:新潟駅/撮影:daikiti様)

 大阪駅で発車を待つ「雷鳥」。
 国鉄色の485系9両編成という姿は、最盛期に比べれば物足りないものがあるが、それでも正統派の485系として、遜色のない状態であるといえる。
(写真:大阪駅/撮影:デューク)

 パノラマグリーン車。
 このパノラマグリーン車には、窓配置が違う車両が存在する。
(写真:大阪駅/撮影:デューク)

 山科駅を通過する「雷鳥」。
 山科を過ぎるとまもなく京都に到着する。京都まではダブルパンタの状態で走行する。
(写真:山科駅/撮影:デューク)

 京都駅に入線する「雷鳥」。
 大阪からの下り列車は京都駅で両方のパンタグラフをあげる。
(写真:京都駅/撮影:デューク)

 宮原操車場から、大阪駅に回送される「雷鳥」。
 40年以上にわたって活躍してきた「雷鳥」もいよいよ最後のときを迎えようとしている。
(写真:塚本駅/撮影:デューク)

 有名撮影ポイントを駆け抜けていく「雷鳥」。
(写真:岸辺駅/撮影:デューク)

 敦賀駅に入線する「雷鳥」。
(写真:敦賀駅/撮影:裏辺金好)

 敦賀駅に停車中の「雷鳥」。
 300番台車の前面の汚れは何とかならないのだろうか。
(写真:敦賀駅/撮影:裏辺金好)

 敦賀駅に停車中の「雷鳥」の前面アップ。
 この日はリバイバル「くずりゅう」の運転があったため、多くのファンが駆けつけていた。
(写真:敦賀駅/撮影:裏辺金好)

 先頭車改造の車両を先頭にする「雷鳥」。
 485系のまま運転されているこのタイプの車両もいまやこの1両だけ。
(写真:小松駅/撮影:デューク)

 EF81の「雷鳥」(笑)。
 客車で「雷鳥」が運転された実績はほとんどないといってよいが、昭和59年には「サロンカーなにわ」を使用した「サロンカー雷鳥」が運転された実績などがある。
 この写真は北陸本線直流化記念車両展示会でのもの。
(写真:敦賀駅/投稿写真 禁転載)

 「雷鳥」の行先方向幕。
 国鉄時代から変わらない方向幕のデザインだ。最終的には下り列車は金沢行きに統一された。
(写真:敦賀駅/撮影:デューク)

 「雷鳥」の行先方向幕2。
 新潟行きの方向幕。平成13年をもって新潟行きはなくなってしまったが、最繁忙期に「ふるさと雷鳥」として新潟まで走っている。
 方向幕は「雷鳥」時代と変わっていない。
(写真:大阪駅/撮影:デューク)

 「雷鳥」の行先方向幕3。
 大阪行きの方向幕。
(写真:敦賀駅/撮影:裏辺金好)  
「裏辺研究所」トップページへ

↑ PAGE TOP