特急【スーパーとかち】

J.R. Limited Express "Super Tokachi"

キハ283系で運転される「スーパーとかち」
(写真:新札幌駅/撮影:デューク)

●基本データ

登場年:1991(平成3)年
運転区間:札幌〜帯広
使用車種:キハ261系、キハ283系
元使用車種:キハ183系

●列車の解説

 平成2年に運転を開始した特急「とかち」であったが、すぐに十勝方面への観光列車としても機能させることにし、翌年個室などを設置した新車両を連結して運転を開始したが、この際に列車名は「スーパーとかち」となった。ただし、走行性能等はキハ183系の基本番台と同等のもので一部に500番台が入っていたものの、スピードを求めた「スーパー」化ではなかったのが当時の他の「スーパー」列車と決定的な違いであった。

 その後は個室などが評判なり、人気列車となるが、平成9年にキハ283系が登場し、「スーパーおおぞら」で運転を開始すると、札幌〜帯広間の所要時間は大幅に短縮されるようになった。この頃から人気にもかげりが見えるようになり、平成13年にキハ283系が「スーパーとかち」でも運用を開始した際にキハ183系の列車は「とかち」に戻っている。当初人気を博したキサロハ182は編成からはずされてしまった。

 2007(平成19)年10月改正では、新たにキハ261系1000番台を投入。キハ283系と共に活躍している。また、2009(平成21)年10月改正でもキハ261系が追加投入され、これによって「とかち」は全て「スーパーとかち」となった。

●ギャラリー



キハ261系による特急「スーパーとかち」。キハ283系より後の登場だが、愛称はLEDからキハ183系時代と同様の絵幕となった。
(写真:札幌駅/撮影:デューク)

 増結され7両編成で運転中の「スーパーとかち」。
通常は5両編成が標準の「スーパーとかち」だが、週末をはじめとして、頻繁に増結が実施される。
(写真:新札幌駅/撮影:デューク)

 苗穂駅の留置線で待機中の「スーパーとかち」。
(写真:苗穂駅/撮影:デューク)

 札幌駅に入線する「スーパーとかち」。
(写真:札幌駅/撮影:デューク)

 前面のアップ。
LEDのヘッドマークは「とかち」のそれと同じく、Tが大書きされている。
(写真:札幌駅/撮影:デューク)

 キハ183系時代の「スーパーとかち」。
2両目のダブルデッカー車が大きな特徴であった。もともとは「おおぞら」を補完する存在であったが、この車両によって大きく知名度を上げることになった。
(写真:白石〜平和間/撮影:haru様 禁転載)

 「スーパーとかち」の行き先表示機。
キハ283系を使用するため、LEDの行き先表示機による表示で、列車名と行き先が表示されている。
(写真:札幌駅/撮影:デューク)   在来線特急列車(その2)トップページへ

↑ PAGE TOP