快速「エアポート」


721系に加えて、733系が本格的に運用に就くようになった。
(写真:千歳線 サッポロビール庭園駅/撮影:裏辺金好)

●基本データ

登場年:1992(平成4)年
運転区間:小樽・ほしみ・手稲・札幌・(旭川)〜新千歳空港
使用車種:721系・733系・785系・789系

●解説

 札幌と新千歳空港とを結ぶ快速列車。日中は15分ごとに設定され、うち2本が小樽方面に、うち1本が「スーパーカムイ」として旭川に直通運転を行っている。新千歳空港駅を発着する列車のほとんどが、この「エアポート」となっている。

 道内の快速としては唯一指定席「uシート」を連結しており、マルス端末での発券に対応するため「エアポート○○号」と号数を名乗っている。なお、ほしみ駅と手稲駅を発車する列車は札幌まで普通列車としての運転となり、「uシート」も自由席扱いとなっている。

●ギャラリー


札幌・小樽方面発着の列車には、主に721系が使用される。
(写真:函館本線 琴似駅/撮影:リン)

朝晩のみ見られる手稲発の便は札幌まで普通列車のため、この様な表示となる。
(撮影:リン)

789系による快速「エアポート」(左)。旭川からの特急「スーパーカムイ」が札幌で変身を遂げる。
(写真:函館本線 札幌駅/撮影:デューク)

785系による快速「エアポート」。これは旭川からの特急「スーパーホワイトアロー」が運転されていた頃の姿。
(写真:千歳線 千歳駅/撮影:裏辺金好)

同じく785系特急「スーパーホワイトアロー」→快速「エアポート」。
(写真:千歳線 千歳駅/撮影:裏辺金好)