快速「ラビット」


宇都宮線速達列車の主力だったが、今や平日は下り2本のみ、黒磯発は土休日の上り1本のみとなった。
(写真:東北本線(宇都宮線)黒磯駅/ 撮影:G列車)

●基本データ

登場年:1988(昭和63)年
運転区間:東京・上野〜宇都宮/黒磯(黒磯は土休日の上り1本のみ)
使用車種:E231系、E233系
元使用車種:115系、211系

●解説

 もともと、愛称なしの快速列車であったが、1988(昭和63)年3月13日改正で昼間時間帯の宇都宮線快速の愛称として、夕方・夜間の「スイフト」(現在の通勤快速)とともに登場した。その後、土休日ダイヤでは夕方・夜間にも運転を拡大し、土休日は最大17・5往復を数えたが、2004(平成16)年の湘南新宿ライン大増発に伴い、日中の快速は湘南新宿ライン「快速」にシフトした。


 現在は平日は朝に下り2本、土休日は平日における通勤快速が「ラビット」となるため、前述の下り2本に加えて更に下り5本、上り6本が夕方・夜に運転される。なお、2015(平成27)年3月14日改正で上野東京ラインが開業したことにより、毎日運転の下り2本については東海道本線の国府津始発となったが、東海道本線内は普通列車扱いのため、快速区間は東京からとなっている。また、いずれも小山駅から北は各駅に停車する。



●ギャラリー


E231系の列車名・行先表示
(撮影:G列車)