○1979年8月14日・15日 第2回瀬野八における"次の目的地"とは
 中学校の同級生を巻き込んだ瀬野八訪問でしたが、同級生にとって「カモコ(貨物列車のこと)」、それも後補機で茶色の機関車は、それほど興味をそそられる対象ではありませんでした。それよりも特急列車を撮影したいという希望が強かったので、行程上は九州小倉駅まで足を伸ばす計画でした。流石に半ば強引に誘った手前もあってある程度は妥協せざるを得ませんし、個人的にも九州特急は魅力でした。(瀬野八撮影記 第2回はこちら

 さて、普通列車や快速列車を乗り継いで小倉駅まで辿り着き、折り返しは往路と同じく14系ハザを使用していた急行「阿蘇・くにさき」に乗車して引き返えす計画でしたが、その途中にもしっかりと寄り道を組み込んでいました。フィルムの関係もあって枚数は限られますが、旅のスピンオフをご覧ください。(使用機種:FUJICA GE 執筆 平成23年10月22日)


兎に角、広島以西で現れる特急と云えばこれ!短い乗り継ぎ時間での一コマ
1979.08.14 キハ181-11 広コリ 1026D おき6号/山口線小郡駅


ついに九州島へ。九州の看板列車の撮影です。
1979.08.14 クハ481-17 所属不明 1021M 有明21号/鹿児島本線小倉駅


ローズピンクの近郊型電車の初期低窓車
1979.08.14 クハ421-16 門ミフ 175M/鹿児島本線小倉駅


もう一つの看板列車
1979.08.14 クハ481-5 所属不明 5033M にちりん13号/鹿児島本線小倉駅


有明、にちりんを撮影後、とんぼ返り!その車中から
1979.08.14 EF30-12+17(左から) 門/山陽本線幡生操車場内


誰かさんの出身地の駅にて。20系あさかぜを撮影
1979.08.14 カヤ21-2 広セキ 8012レ あさかぜ51号/山陽本線徳山駅

 この後、計画通りに急行「阿蘇・くにさき」の車中の人となりましたが、翌朝にも寄り道は仕掛けてありました。
 折角の14系ハザを岡山駅で乗り捨て、宇野線を南下することにしていたのです。何がしたかったのかというと・・・。


「瀬戸」を宇野線のどこかで撮影したかったのです。でも"夏の朝曇り"で撮影条件は厳しかったです。
1979.08.15 EF65-1102 東 15レ 瀬戸/宇野線彦崎駅


すぐに岡山駅に舞い戻り、14系ハザの急行「雲仙・西海」に乗って姫路駅へと向かいました。この旅のフィナーレはこれ
1979.08.15 スハフ14-15 所属不明 8042レ あかつき52号/山陽本線姫路駅

 瀬野八での真夏の日差しの中での長距離に及ぶ徒歩行軍等々、車中2泊のみの強行日程をこなした我々は、英賀保駅から自宅に戻った後、自宅で爆睡してしまったように記憶してます(笑)