○プロローグ

 鉄道車両図鑑もほぼ完成し、残る難敵は(?)徳島県・高知県の第三セクター鉄道である阿佐海岸鉄道! ・・・と、6月にグロッグフロッグ所員の夏休みの予定を尋ねると、しっかりと阿佐海岸鉄道が、彼の関西・中国・四国を回る壮大な旅行ルートに組み込まれているではありませんか。撮影をお任せするのもいいけど・・・、よし、ある程度は所長も同行するぞ!というノリで計画したのが今回の旅行。
 して、その結果は・・・。そして、これを書いているのが2010年1月という・・・、すっかり忘れてました。
(旅行者:裏辺金好)

▼8月8日

○第1ランナー 東海道本線 普通(E233系) 藤沢5:49→小田原6:21

○第2ランナー 東海道新幹線「ひかり」 小田原7:04→京都9:15

エンブラエル機
 早く小田原駅に着いたので、東海道新幹線を撮影・・・と試みるも、寝ぼけた頭ではロクな写真にならず。

エンブラエル機
 さて、京都駅へ到着。何と言うか・・・もう京都駅は何度訪問しているのやら。7月20日にも来たばかり。しかし、色々な列車がやってくるので何度訪問しても飽きません。とりあえず湖西線を走る117系国鉄色がいたので撮影。

 このまま京都駅で・・・でも良かったのですが、毎度それでは芸がありません。
 ちょっと東海道本線に乗って、撮影ポイントになりそうな駅を探すことにしました。

○第3ランナー 東海道本線 普通*高槻から快速(223系) 京都9:23→桂川9:28

 こうした発見したのが、2008年10月に開業したばかりの桂川駅。ホーム大阪方が非常に撮影しやすい!
 まずは383系による特急「しなの」を撮影。

 後追いの撮影も、そこそこの感じには撮影できます。

 223系新快速。

 こちらは京都方面から来る列車を撮影した作品例。編成全体は入りませんが・・・。で、EF510形による貨物列車。

 ひっきりなしに列車がやってくるので、あっち向いたりこっち向いたり・・・で281系特急「はるか」。
 むむ、編成全体が入らなかった・・・。

 通過していく381系特急「スーパーくろしお」。「はるか」通過と重なったため、これが限度・・・。

 485系特急「雷鳥」。

 485系特急「雷鳥」。485系と書きましたが、先頭車両はクハ489形の貫通型です。

 その桂川駅通過シーン。

 こちらは智頭急行の特急「スーパーはくと」。

 桂川駅に停車する207系。

 寝台特急「日本海」。

 この列車も、いつまで存続するのでしょうか・・・。

○第4ランナー 東海道本線快速(223系) 桂川9:59→山崎10:08

 続いて山崎駅ホーム先端の、有名な撮影ポイントへ。EF210牽引の貨物列車を撮影。

 223系普通列車。

 こちらは321系による普通列車。

 そして485系特急「雷鳥」。ハイ、そんなわけで今日の主目的は特急「雷鳥」の撮影なのでした。意外と、京都駅や大阪駅などでベタな駅撮りしかやってなかったもので・・・。

○第5ランナー 東海道本線普通(321系) 山崎10:31→島本10:33

 山崎駅での撮影はこれで終了し、隣駅の島本駅へ。まずは京都方でEF210形の貨物列車を撮影。う〜ん、国鉄型電気機関車による貨物列車を気軽に撮影できるような時代ではなくなりましたね・・・。

 223系新快速。

 381系特急「スーパーくろしお」。今度はバッチリ撮影できましたぞ。

 そして485系特急「雷鳥」。

 今度は大阪方に移動し、321系を撮影。

 221系と281系特急「はるか」。

 681系特急「サンダーバード」。

○第6ランナー 東海道本線快速(223系) 島本11:02→京都11:20

○第7ランナー 山陰本線普通(221系) 京都11:26→二条11:33

 そして京都駅に戻り、今度は山陰本線(嵯峨野線)に乗車。普通列車も113系が主力だったのは、いつの間にか過去の話。221系がメインになっています。

 二条駅で下車。ドーム型のホーム屋根は、改築からしばらく経った今でも素晴らしいデザインです。が・・・冷静に考えると、特に編成の長い列車の場合、雨の日には傘が必須になってしまうようです。

 ここで残り少なくなった113系を撮影。湘南色を期待しましたが、そもそも出会えただけでも御の字?

 で、こちらが二条駅の駅舎。寺社仏閣風の旧駅舎の素晴らしさには遠く及ばないものの、高架駅のデザインとしては大変素晴らしい部類に入ると思います。