○プロローグ

 2011年3月11日に発生した大地震は、原発の損傷もあいまって東北を中心に大きな被害をもたらしました。例年夏の「海の日連休」は海外逃亡をしているのですが、仕事の繁閑状況が読めなかったのと、少しでも観光で東北を元気に。ということで南東北を縦断する旅行を計画しました。
 さらに今回は、今年新たに世界遺産に登録された平泉と、会津の人気駅長「ばす」に会いに行く目的もあります。電車の写真が中心ですがお楽しみください。
 タイトル画像は福島県猪苗代の五色沼より。
(旅行者:ネオン)

▼7月14日〜15日

○第1ランナー 名鉄バス(形式不明) 名古屋21:30→仙台7:10

名鉄バス
 鉄道メインの旅行なのに、何と夜行高速バスで出発。かなりの長距離便なのですが、東北復興支援キャンペーンの影響で平日なのに2台体制でした。画像は7月15日早朝、最初で最後の降車可能休憩地点である国見SA(福島県)にて。

被災者無料化
 罹災証明書をもつ車は無料化ということで、一般レーンに車列が。久しぶりに見た光景です。

○第2ランナー 仙石線(205系) 仙台7:41→小鶴新田7:52

205系
 小鶴新田で撮り鉄。こちらは4色のカラーリングですが、赤色のはラッシュ時以外はロングシートからクロスシートに変わる面白い構造。

205系マンガッタン
 こちらは石巻をPRするマンガッタン塗装。早く再び石巻まで行けるようになることを祈ります・・。

○第3ランナー 仙石線(205系) 小鶴新田8:44→仙台8:55

○第4ランナー 東北本線(719系) 仙台9:42→小牛田10:27

719系
 ここからは、世界遺産平泉をめざして東北本線を北上。

○第5ランナー 東北本線(701系) 小牛田10:44→一ノ関11:31

○第6ランナー 東北本線(701系) 一ノ関11:31→平泉11:36

平泉駅
 平泉駅到着。世界遺産登録を受けて大改装中。紅葉の時期には綺麗な駅舎になってるでしょう。
 こちらの駅前交差点のそばで自転車を借り、平泉観光スタート!!

柳之御所遺跡
 まずは柳之御所遺跡。平安時代の遺跡で、奥州藤原氏の政庁「平泉館(ひらいずみのたち)」跡と推定される。
 ちなみにここは世界遺産ではありません。

柳之御所遺跡2

柳之御所遺跡3
 まだまだいろいろなものが出てきそうです。いずれここも世界遺産の一員になればよいですね。

 他にもいろいろありますが、旅行された方のお楽しみ。ということで次は高館義経堂に向かいます。
高館義経堂は入れなかった
 何と毛虫大量発生で拝観不可。また来いということか・・。平泉観光は時期も重要のようです?
 このまま自転車で北上し、次はいよいよ世界遺産中尊寺です。

701系
 踏切が鳴ったらカメラを構える(笑)

中尊寺本堂
 中尊寺本堂へは、駐車場に自転車を止め、15分ほど小高い丘をあがる必要があります。

中尊寺金色堂
 そして、中尊寺と言えば金色堂。この建物は金色堂を覆っている建物で、金色堂そのものは撮影禁止です。

 他にも能楽堂とか、珍しい目にご利益がある神社とか、いろいろ見どころはあります。
 自転車で世界遺産センター経由で南下。次は毛越寺を目指します。

毛越寺はこんなだった
 毛越寺の境内に、平安時代の土塁や金堂跡、浄土庭園の跡が良い保存状態で残っています。
 かつてはこのような姿だったのだとか。

701系
 平安ロマンを感じるのだ!

 他にもいろいろ撮りましたが、まだまだ旅は続きますので、平泉の写真はこのへんにしておきます。
 いずれ所長ご一行が大量に紹介するはずですし^^; 平泉駅まで戻り自転車を返却。
 ここで、一気に磐越西線の喜多方まで切符を購入し、平泉を後にします。

○第7ランナー 東北本線(701系) 平泉16:27→一ノ関16:36

○第8ランナー 東北本線(701系) 一ノ関16:44→小牛田17:29

701系
 南東北でよく見かける701系。

○第9ランナー 東北本線(701系) 小牛田17:40→仙台18:27

○第10ランナー 東北新幹線(E3系) 仙台19:08→福島19:35

E3系
 さすがに701系ばかりではうんざりですし、仙台からは帰宅ラッシュ時間でもあるので新幹線に逃げます。
 仙台駅で流し撮り。なかなかうまくいった。
 この後、E5系はやぶさも走るそうですが福島駅は通過なので、福島駅でダメもとで狙ってみます。

E5系
 E5系はやぶさキター!!
 夜でこれだけ撮れるとは、現代の機材はとんでもないものです。
 この日は福島駅前のホテルに1泊し、明日に備えます。